2006年10月13日

私の一歩

自分を知ることによって、相手の事も知ることができる。
今回はつくづくそんなことを感じました。

自分が知っている自分と相手が知っている自分は違う。
この世界は自分だけじゃない。殻に閉じこもっていては駄目。

世界を広げるためにも殻を抜け出すことは必要だと今は思えます。(そして、少しづつ行動に移しています。)

カウンセリングを始めて分かったことの一つですが、自分のことは自分が一番知っていると思いがちだけど、実は知らないことの方がずっと多かったのです。

これまでは言いたいことを相手に伝えることはとても難しく、相手から見た自分の印象や状況や雰囲気によって同じ言葉や会話でも違う意味に取られてしまうことがとても多くて困っていました。それはそれは苦しかったです。(苦しいということすら気が付いていなかった私。)

そういうことを察知して考えて対応することが出来たら誤解を生まずに済むのになあと思って月に一度のカウンセリングを受け始めて半年が経ったのですが、今の私は、自信を持って「私は私だ。」と思える私に生まれ変わろうとしています。

少しややこしいのですが、そして、それは人から見たら凄く遅い歩みだと思われるかも知れないけれど、今の私は、いつの日も「私は私だ。」と自信を持って言えるようになりたい!と感じて来た自分自身を見つけたのです。

これは私の貴重な一歩です。
東京都 MEさん 40歳 看護師
posted by Sura's moon at 22:07| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

自分を知る

私はかおるさんと出会う前は、毎日何となく生きているという感じ
でした。
もちろん楽しい事もあったし、普通に生活していたのです。
だけど、ふと気付くと寂しくて、何故生きているのか意味が分から
なくて
子供を心から可愛がる事が出来なくて
辛い事があっても何故そんなに辛いのかも分からなくて。
とにかく分からない事や悲しい事や腹が立つ事が沢山あって、
私の周りを灰色の雲が覆っていました。
でもそれが何故なのかどうしても分からなくて。
周りは私の事を「幸せそうだね」と勝手に想像して言うけれど
私自身はもういつ死んでもいいというぐらい。
それをいつも必死に隠していました。

だけどかおるさんと出会って。
色んな新しい事が私の中に入ってきて。
でもそれでもやっぱり自分の底にあるものは何か分からず
ただ同じ事を繰り返しては落ち込む日々。
病院に行こうかと思った時も何度もあったけれど
時間的に無理な事と、医者に対する不信感と、何から話始めればい
いのか分からない不安と面倒さがあって。
そんな時カウンセリングのお誘いがあって。
カウンセリングを勧められた時は、ちょっと迷いました。
だけど、かおるさんになら。。。と始める事を決意して。

私のような考え方をする人間はダメな人間だと思ってました。
誰が悪いのでもなく全て自分が悪いのだと。
だけど、自分ではどうしようも出来なかった幼い頃の私を発見して

そこで一気に視界が開けたような感じがしました。
そうだったのかと。

自分を知るというのは素晴らしい事だと思いました。
自分の行動を理解しているつもりだったけど
まだまだ本当の自分は探せてませんでした。
かおるさんの包み込むような優しさと、信頼、安心感がなければ続
かなかったと思います。
自分を大事に出来なくて、周りの人も傷つけて。
根拠の無い考えで自分を苦しめて。

カウンセリングで得たものは、本当に大きかったのです。
まだまだ自分と向き合う時間は大事だしもっと必要だと思います。
自分に対する課題も沢山。
だけどこれからも、少しづつ自分なりに進めたらと思います。
本当に本当にありがとう。
福井県 TJさん 主婦
posted by Sura's moon at 22:07| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

理解されなかった私

私がカウンセリングを申し込んだ頃。当時は職場の先輩兼同僚との関係で悩んでいて身心共に疲れ切っていました。初めはとっても仲が良かった人で、女性としても人間としても尊敬し憧れている人だったのです。ところが、相談を申し込んだ一ヶ月ほど前から彼女の態度が一変して非常に冷たく扱われるようになりました。彼女は職場のリーダー的な存在だったのでそれを機に他の同僚からも冷たい態度をとられるようになりました。しかし、いじめられている自分が情けなく思えました。誰にも知られたくなかったし、自分でも認めたくなかったのです。そして、一方では何の非もない自分が何故こんなに理不尽な目に合わなければならないのか?という怒りもありました。カウンセリングでも振り返って分かったことなのですが、こんな私は案外気が強くてプライドも高く、当時憧れていた彼女とそっくりな部分が沢山あったのです。
カウンセリングというもの自体に湿っぽいイメージがあったのですが、思い切って始めて見ると、思いの他、大声で笑う場面が沢山ありました。初めの頃にやった心理テストで分かったことなのですが、私はACが高く自分を面白くない人間、気が弱くてみじめな性格だと思っていたのですが、案外ユニークな人間だというふうに思えるようになりました。当時トラブルばかり起していた彼女とは仲良く過ごせています。それは今の私が、彼女と同じくらい自分を大切に出来ているからだと思います。
北海道 31歳 会社員 Fさん
posted by Sura's moon at 00:00| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。