2008年06月23日

子育て

長い間、息子のことで悩みカウンセリングを受けました。
当初、周囲の人の意見を聞いてみてもカウンセリングを受けてみても始終自分の子育てを否定されているような気がして辛かったです。
ここのカウンセリングを受ける前にも別のところで受けていましたが、そこでは怒りのあまり中座してしまったくらいでした。
でも、今回いろいろ相談してみて気がつきました。私が自分を責めていたのだと。
かおるさんの「今起こっていることをシェアしているだけ」という言葉は時と場合によっては辛いです。でも、今回初めて気がつけたのです。「どこがいけないの?」と怒ってばかりいたあの頃の自分へ。誰もそんなことは言っていなかった。誰も私を否定したりはしていなかった。自分が自分を認めてあげられないだけだったのだと。
感謝って何?綺麗事ばかり言わないでと言っていた自分へ。たった三ヶ月後、息子の「ただいま」という笑顔だけに感謝を感じるあなたへなれるよと、だから安心して。そう言ってあげたいです。ありがとうございました。
東京都 UMさん 主婦
【関連する記事】
posted by Sura's moon at 16:00| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

頭痛

私は、元々頭痛持ちだったのですが、先日までの数ヶ月間勤務中に度々激しい頭痛に襲われていました。
そして、表現できないほどの体のだるさもあり、自分の勤務する病院で色んな検査を受けたのですが結果は異常なしと言われていました。
しかし、今回レイキを習ったのは、そのせいと言うよりも、単純に興味があったからでした。職業柄持っていても邪魔にならない分野かな?という軽い気持ちでした。
そして、初めてアチューメントを受けたときのこと。ずっと忘れていた患者さんのことを突然思い出して涙がとまらなくなってしまいました。そして、何か月も前にご病気で亡くなったその方のことがとっても大切だと思っていた自分に改めて気がつきました。
忘れていたのですが、私はその方が亡くなったときも勤務が忙しくて一度も泣いていなかったのです。それからというもの、教えて貰った自己ヒーリングをする度に色んなことを思い出しては泣いたり怒ったりしていましたが、日増しに頭痛が無くなって行ったのには驚きです。
でも、習ってみると何も不思議ではないことなんだなと今は思えます。
自分をケアすることに自信が持てるようになったので、また先へと進んで行きたいと思いますのでよろしくお願いします。本当にありがとうございました。
千葉県 MYさん ナース
posted by Sura's moon at 18:00| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

話したかった私

私は、カウンセリングは必要ないのでヒーリングを受けてみよう・・・ということで体験したのですが、意外にもヒーリング中にお喋りになっている自分に驚きました。

うまく言えないのですが、自分でも知らなかった自分のことや気がつかなかった自分のことまでしゃべってしまっているあの感覚。

色んな気づきをありがとうございました。

私は思いもよらぬことで悩んでいたんですね。

ビックリして少し怖い感じもしましたが、その後もあの日をきっかけに色んなことに気がつきました。またスケジュールを見てお邪魔したいと思いますのでよろしくお願いします。
神奈川 KMさん ナース
posted by Sura's moon at 09:00| インナーチャイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングをありがとうございました。

昨日時間になって目元がほわーんと暖かくなってきた時、あ、始まったかな?と思いつつ力を抜いて過ごしていたのですが、やがてどんどん下に下がってくるのが分かりました。1番感じたのが足先に抜けていく感じで、終了後もびりびりしていました。

疲れが回復したというのもあるのですが、翌日、職場で苦手だなと思っている人と普通に会話している自分に気がつくことが出来ました。そして、苦手な報告がスムーズに終了しました。

今の時点では身体的なスッキリ感の他にはまだ遠隔との関連性がわからないのですが、引き続き、先日教わった自己ヒーリングの方も続けて行きたいと思います。
京都府 Mさん OL
posted by Sura's moon at 07:00| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

可能性に気づく

ブログを以前より拝見していましたので。
何年も前、BE ANGELで過去ログがほとんど読めた頃くらいから。
なので、信頼できると思ったのだと思います。
手が熱くなりました。
朝一でレイキをやると便秘が治ります。
あと、自分の手が、他人に、何かできるんじゃないかな、なんて思うようになりました。
今まではそんな風に思ったことが全くなかったのに。こんなに人を信じない私をここまで連れてきてくださったのだな〜と思いました。
NY Kさん
posted by Sura's moon at 13:57| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

余裕

カウンセリングと両方お世話になっているので、両方の効果があっての変化ではあると思うのですが、レイキを受ける前よりも、レイキを受けてからのほうが、カウンセリングの時に集中しやすいし、ノンバーバルなコミュニケーションが深まっているように感じます。

あとは、愛情だとか、周りの人たちが与えてくれているものを実感できるようになってきたかな、と思います。今までもあったものの存在をありのまま感じられて、素直に感謝して受け取れるようになってきているように思います。
身体面での変化は、肩こりしにくくなったし、こっても自己ヒーリングすると良くなるようになりました。
そして、まだまだ変化していきそうな気がします(^_^)
北海道 Kさん
posted by Sura's moon at 11:38| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

明確化

善くも悪くも持ち備えている自分自身の能力を上手く使えているように思う。(自己コントロールが上手くなったということかな?)
人を気にしすぎずに、場にいられるように、存在出来るようになった。自分自身にいままで以上に責任を持てるようになった。1日の時間をフル活用出来るようになった。
何事も訓練(努力)でかなりのところまで出来るようになるんだと痛感します。苦手な部分もしっかり見えてきます。今までだったら、自分の嫌な点としてふてくされてましたが、具体化して調整出来るようになりました。受講後にいかにセミナーに参加していくかが私にとってポイントです。(最近サボってんぞぉ〜ワレ!)
東京都 Eさん
posted by Sura's moon at 14:33| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浄化の道筋を作る

たまに、右の膝小僧辺りが熱くなって何かが蒸発していくような?感じがします。触っても熱くないですが。
仕事中、家、外でも、座って、立って、歩いていても起こります。
肩〜首の凝りからくる耳鳴りのためもうずっと整体に通っていますが、
とくに首をマッサージしてもらうと、何故かその膝部分が反応します。
マッサージ師さんによれば、そこが反応するなんて初めてだそうですが。
それと、以前よりももっと前むきに考えよう、自分を認めようと、意識するようになりました。

自分自身を癒すために参加しましたが、そのわりにただいまヒーリングをさぼっています。
ブログを通して尾崎さんの考えなどに触れることで、さぼりながらも、ヒーリングに対するモチベーションはなくなっていません。
東京都 Iさん
posted by Sura's moon at 14:24| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイキヒーリング

とてもリラックス出来て良かったです。
受けたいと思える、かおるさんから受けてるので間違い無かったです。
次はレイキを習いに行きたいな。
オーラの色がそんなに悪く(?)無かったみたいなので安心しました。誰か、連れて行ってたようですが、くつを脱いだ時に払い落とした様なのでそれがおかしかったのと、私もやるな〜と又一安心しました。
こんなんで参考になるんでしょうか。
感じたままに答えさせて頂きました。

ブログがどんどん進化してて嬉しいです。最初おじゃました時はもっと暗いイメージがあったような気がします。
私はあの雰囲気も好きでしたが、今はエネルギーが満ちてる感じで癒しの力が画面から滲んでる様です。
かおるさんの人柄がきっとそう感じさせるのかな。
ほぼ毎日楽しみに拝見させて頂いてますよ。
そして元気をたくさん頂いてます。
どうもありがとう。
それではまた。
神奈川県 Fさん
posted by Sura's moon at 14:03| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリング+レイキヒーリング

チャクラのお掃除をしていただいて、すっきりしました。
でもまるで、イナバノシロウサギのような気持になりました。
悪く言えば、周りが悪だらけにみえる。
さらに悪く言えば、自分について反省しない(そりゃぁしますけど)。
なんだか、弱くなったきがします。
でも、きっとこれも過程の一つであろうと想像しています。

落ち込むときに、自分をかばってあげられるようになりました。
どーせ、とか、言わないような抵抗はできるようになりました。

カウンセリング+レイキヒーリングだったので
判りやすいもなにも特にそういう視点ではみておりませんでした。
もともと、アタマで理解するよりフィーリングの世界だと思っていたので。
あ、でも、バカラ数秘術の話は納得です。
(そういうたぐいに興味があるのでおもしろく聞かせていただきました)
神奈川県 Kさん
posted by Sura's moon at 13:55| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発見

変化したところとして、左手のアトピーのような荒れがよくなった。
気に病んだり、気になることが気にはするが、切り替えが早くなり、些細なことが気にならなくなった。
いろんなことに感謝でき、いま、ここを大切にしたいと思っている。
粘って物事に取り組めるようになった。

胸髄損傷の患者さんが肩が痛いというので、肩にレイキをしたら効いたかどうかはわかりませんがにっこりされていてうれしかったです。
これからもレイキを使っていこうと思います。

ヒーリング講座はいろんな発見があり、またはしてもらい、私にとって明日への活力となってます。また、ヒーリングで活元がでて驚きでしたが、気の交流と考えると出て当然なのかもとも思います。レイキおもしろいですね。
しばらく定期的にお邪魔したいと思ってます。よろしくお願いします。
千葉県 Mさん
posted by Sura's moon at 13:39| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

幸福感

かおるさんに手を当てていただいたとき、目の前にパーッと光が差し込んできて、も
のすごい幸福感でした。
すごくいい瞑想ができたときみたいな。
セカンドディグリーを受けに行く前に、ヒーリングを受けて見たいと思いました。
東京都 Yさん
posted by Sura's moon at 02:19| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心配を手放した

かなり緊張していたのだが、丁寧に説明していただいたので
緊張が取り除かれ、安心してヒーリングを受けることができた。

背中が軽くなった。
ずっと背負っていた重たい荷物を降ろして、身軽になったような感じ。
ヒーリングを受けた帰り道は背中に羽が生えたように軽やかでした。

「目の前にいる人が笑顔じゃなくても、それは、私のせいじゃない。」
と、周囲の人の言動に責任を感じなくてもいいんだと思えるようになりました。

自分の気持ちに素直になっても世界は崩壊しない。という「真実」を
実感しました。
壊れたりしないのに壊れるんじゃないかと心配で
壊れたりしないのに壊さないように壊さないように・・・と接してきたけど
そんな心配は不要なんですよね。
東京都 Aさん
posted by Sura's moon at 02:04| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気持ちのゆとり

気持ちにゆとりが出来、人間関係が上手く行くようになりました。

心理学の勉強をして得た知識の上に烙印のようなものを押した感じとでも言えばいいのでしょうか?
レイキを学んで得た事柄は大きく、また、かおるさんに出会えたことも私の人生にとって良い転換になったとおもいます。
川崎市 Mさん
posted by Sura's moon at 01:49| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

レイキヒーラー養成講座

サード・ディグリーを終えてから、何度か
セミナーに参加させていただいております。
同じディグリーでも、自分の講習の時とは手順がちがったり
詳しい説明、省略されたりする説明などがあり
毎回、参加させていただくたびに、理解が深まっています。
全体にフレキシブルに対応する心づもりが、また楽しくあります。

これまで参加した講座では、
一緒に参加される方どうしで、批判や否定の言葉や姿勢に
出会うことが一度もなく、いつもびっくりしています。
尾崎さんが、その空気づくりを、「作っている感じ」がしないで自然に
やっておられることは、とても勉強になります。といってもまねできないんですが。

変化したところとしては冷え性が治りました。
昨年12月に初めてレイキにふれて、
最初に自覚した変化はこれです。
今年の冬を迎えるのが楽しみです。
肩凝りも、あまり感じなくなりました。
こうした変化もそうですが、わたしが尾崎さんのレイキ講座を受講したことは、
丁度自分の変化していく途中、まさにそのただ中にあったから、
決めたことであったのだなと思います。
自分が変化しようとしていたときであったことも幸いして、
「それまでだったら、多分やらないこと」も、頓着しないでやってみよう
という気持ちになり、申し込みました。
申し込むことに躊躇しなかったのは、以前から拝見していた尾崎さんのプログで、
僭越ながら、「この方なら、大丈夫」という気がしたからでもあります。

次に、自分の感触を意識して、感じるようにしています。
とくに感情について。
たとえば、テレビニュースを観て、腹が立ったり、虚しさを感じてしまうときに
その気持ちを一元的に感じるのではなく、そう感じる自分を
さらに見つめるようにしています。
尾崎さんのレイキに出会ってからは、意識してそうするようになりました。
それは、レイキによって感じ方が変わるのではないか、という期待があったからです。
やってみてどうか、というと、感じ方の変化はまだわかりません。
あまりに日々のニュースが強烈すぎるのかもしれません。

3番目に、「自己肯定感」をあげたいと思います。
いまある自分を支えてもらっていることへの感謝の気持ちを、とても強く感じます。
なかでも、年老いた親へは、なかなか改まって伝えることは気恥ずかしく、
できないのですが、ちら、ちら、と伝えるようにしています。
子ども時代に感じた親の理不尽さやなんかは、大目にみれるようになってきました。

最後に、「不寛容に対する寛容」
他に対しても、自らに対しても、言えることだと思いますが
この思いをさらに強くしています。

私は、レイキの話しを知人にするとき
「レイキは、宗教ではない」、ということをいいます。
しかし、聞く人によっては、「宗教」と同じようにうさんくさく感じる人もいます。
私は無宗教なのですが、新興宗教に対してとても批判的です。
無知から来る恐れでもありますが、
そのため「宗教ではない」という自分のもの言いは、
「宗教」に対する差別意識があります。※よしとしてはいません。
一方で、イエス・キリストも手を広げて光りをあつめているし、仏教の仏像では光背
をせおっているし、光りがふってきたりするのは宗教家も、そうじゃなくてもみんな
同じとも思います。
実際的には、私がかかわっているNGOの支援では、日本以外では多くの宗教関係者からの
支援が多数占めています。
信仰を持っていようが、いまいが、レイキはレイキなんだろうなぁと思いつつ、
「宗教ではありません」と敢えて言葉にすることは、
信仰を持つ人に対して、悲しい気持ちにさせたりしないだろうか、と思います。
東京都 Aさん
posted by Sura's moon at 20:03| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイキヒーラー養成講座

あんときは右脳使うとこが
  とこっとん分かりませんでした〜(@o@)
  今なら少しは分かるかも。

変化としては、くよくよ考えなくなりましたー!
  次はぐっすり眠れるようになりたいでーす。

チューニングされるとホントに手が熱くなって
  すごくびっくりしました。
 
  あと、他の受講者の人に手を当てたら
  マジで指先から何かが流れていく感じがいて、
  またびっくりしました。

  オレ、すごく合理主義者で
  受ける前は半信半疑だったんですけど、
  確かに感じましたよ。


  あと、人生スーパー明るくなりました。
  コトバになんないっすwww
  わーい!
滋賀県 Rさん


posted by Sura's moon at 19:40| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイキヒーラー養成講座

実際に使ってみる、パートナーと練習してみるなどその場で
体で感じる機会が多くてとても楽しかったです。
とても時間が短く感じられました。
申し込む時はコンパクトにまとまっていて行きやすいなと思ったのですが
参加してみるともっと長ければよいのになとか
レイキヒーラーの講座以外でもレイキを使ったセッション?なんかあれば
練習にもなるし、また講座でお会いした方々にも会える機会があるのになぁと贅沢
思ったりしました。
あとは、次のステップにいつ頃進めば良いのだろうとか
講座のあと、自分のレイキがちゃんと使えているか確認できる機会が日常では少な
かったので
こういうときは再受講すべきか。。とか後々考えたりもしたので
指針をいただけるとよいかなぁと思いました。

これは必ずレイキのおかげ!という実感は実は少ないです。
同時期に心理学やそれ以外の努力も並行していたので
もしかしたら。。という程度ですが、
胃炎、肩こり、冷え性等、病気というほどではないがという症状が和らいだ気がして
います。
外出先で体調がすぐれなくなっても、手を当てて休んでいれば、
よくなったのか気が楽になることはありました。
なんとなく自分の体に手を当ててみることが癖になっているようです。
あと、感謝する気持ちって大事なんだなと思うようになりましたね。
「お願いするのではなく、先にお礼をいってしまうとよい」という言葉が残っている
のかもしれませんね。

真面目に自己ヒーリングできていず、思いだしては使っているのが現状でしょうか。

でも、レイキのおかげ?か気のせいか?と思うことは少なからずあります。
また、自分ひとりでは味わえない講座で大勢の人がいるからこそ感じる気持ちよさを
ふと思い出すときがあります。
マッサージじゃなのので、依存してはいけないなぁと思いつつも
また参加する機会があればなと考えています。

楽しい時間を提供いただいてありがとうございました。
東京都 Tさん
posted by Sura's moon at 19:35| 能力向上/メンタルトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイキその後

こうした講座を受けるのは初めてだったので、何もかも手探りでした。
でもこれといってわかりにくかったことはありませんでしたよ。
要望としては、始めにその日のおおまかなスケジュールとか流れが頭に入って
いれば、もう少し気持ちの余裕がもてたのではないかと思いました。
変化はこれといって・・・。あっ、自分の手のまわりにうっすらと輪郭が見えるように
なりました。それから母や祖母のことを考えると手の平が熱くなる感覚がありま
す。
東京都 A・Kさん
posted by Sura's moon at 19:22| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

気づき

レイキヒーリングを受けて変化したところです。

体調が回復する
(わかりやすいのは、鼻水のアレルギーが治る)
疲れがとれて、視界が広がる。
レイキヒーリング中に、朦朧とした意識の中で母親が出てきて、
私が自分で自分を許してなかったことに気がつかせてくれたり。
母に対する、お金に対する罪悪感があったことに
気がついたり。
レイキヒーリングであり、エネルギーの補充だけでなく、
言葉では限界がある場所までいける、深い深い自己探求にもなってます。
東京都 Mさん
posted by Sura's moon at 13:31| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

幸せな感覚

前回のヒーリングの際に感じたことを伝えておきます。
うまく言えないのですが、途中なんとも言えない幸せな感覚に包まれました。
一人じゃないというか、孤独とは正反対のイメージの暖かみのある感覚です。
色でいうと薄いピンク。この説明じゃわかりませんね(笑)。
それはそんなに長い時間ではなかったと思いますが、瞬間というほど短くも
ありませんでした。
そして次の日、教えてもらった丹田のイメージをやった後いつものように
発霊法を行っていると、また同じ感覚に包まれました。
その後その感じはとだえてしまったのですが、毎朝、今日はどうかなと
楽しみに思いながら発霊法をやっています。
東京都 KAさん 会社員
posted by Sura's moon at 16:17| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

感想コーナーが確かあったはず

30歳女性、研修医です。

2年間の研修が終われば精神科医になりますが、今は月単位で各科をぐるぐる回っています(ちゃんと資格を持った医師ですが、義務で主要科を回らねばならないのです)。

鬱と摂食障害の持病があり、正直、落ちこぼれです。

かおるさんには、3年ほど前(学生時代)から、カウンセリング(遠方なのでほとんど電話)ではずっとお世話になっていたのですが、先日、レイキをサードディグリーまで、伝授していただきました。

レイキという名前を聞いたのが、いつだったかはわかりません。

しばらく前からオーラソーマはときどきコンサルテーションを受けていて、自分でも勉強するうちに、レイキというものがある、というのを知ったのが、最初だと思います。

直接つながっているわけではないのですが、どことなく似ていますよね、あの二つの手法は。

その時は、ふーんそうなんだ、で、終了していたのですが、かおるさんのページで、手だけでひとを癒せるならば、そんな安いことはない!と、申し込むことにしました(日本の医療体制では、手を当てるだけならタダですから)。

といって、なにぶん、飛行機でないと着けないほどの遠方であり、そうそう休める仕事でもありませんので、病院の夏休みが1週間もらえた時に、4日間東京に泊まり込んで、1日だけ箱庭療法にあて、残りの3日でサードディグリーまで、伝授していただきました。

ほんとうは各ディグリーの間に、21日間の浄化期間をおいたほうがいいのはわかっているのですが、それを厳格に守ると、永遠に伝授が終わらないので、無理を言って強行スケジュールにしていただきました。

後で聞いたところでは、わたしの住む町にも、レイキのティーチャーは掃いて捨てるほどいるそうなのですが、多少無理をしてでも、かおるさんに受けてよかったな、と思います。

そう思ったのは、伝授が終わって数週間してから、「レイキ練習会」が、いつもお世話になっているオーラソーマサロンで開催されて、参加した時でした。

部屋に充満するエネルギーに対して「このエネルギーはよくない!」と、感じてしまったのです。

「それをレイキというのならば、世の中で怪しいと思われるのは
当然だ」というような。

仮にもレイキを使う人間同士として、言ってはならないことを言われた、というのもありますけれど。

レイキのmixiでも、ときどき、それってどうなんだろう、と、感じることがあります。

伝授される側の問題も大きいのかもしれませんが、誰から伝授されるか、そのとき何を注意するように教わるかで、だいぶん違うのではないかと思います。

かおるさんのエネルギーは透明で優しくて、おすすめです。わたしは、オーラが見えるほど、第6感が発達していなくて、そういうところをお伝えできないのが非常に残念ですけれど。

救急などにいると、それはストレスだろう(と、診断してもいけないし、ましてや患者さんに言ってはいけないのですが)という方がしばしばおられ、そういう方の、痛むとおっしゃるところに、お話を伺いながら手を当てていると、少しずつ楽になっていかれるのが見えることがあり、とても楽しいです。

何度か、そういうことがあったので、たぶん、自然経過でよくなられたというだけでもないのかな、と、うぬぼれることにしています。重い病気の患者さんの場合、手を当てているうちに光が見えることもあります。

あまりに重篤だと、よくなったかどうかも教えて下されるほどの意識がないこともあり、なかなか効果はわからなくて、自己満足なのかもしれませんけれど。

ポマンダーやクイントエッセンスを使って、明らかに痛いとおっしゃるところに、しばらく手を当てているときもあります。
「まひかりさまかい?」と言われて、焦りに焦って、いえ違います、似てますけど、なんてこともありました。

医者の技量というと、どれだけ手術がうまいか、どれだけ的確に、危ない検査を安全にこなすか、どれだけ的確に、効く抗生剤を選んで、必要十分な量を投与するか、そんなことが、いちばん大事、みたいに、少なくともわたしの病院の研修医の間では言われているのですけれど、せっかく人間が、少なくともその場に二人(患者さんと、医者)いるのなら、不安を取り除くとか、痛みをとるとか、それすらできないときにもその場にいるとか、したいなあ、なんて思います。

もちろん、西洋医学の研鑽は必要ですし、それこそが現代の医者の、存在意義ではあるのですが。

あのひとに診てもらうと、「なぜか」楽になるんだよね、と言われる医者になりたいです。
いや、手技がうまいとか薬が的確だとか、理由がはっきりしているのも、いいと思いますし、ちゃんと勉強するつもりでは、いるのですけれど。

どんな方法でも、治ればそれでいい、いや、治らなくても、楽になればそれでいい、そんなことを思います。それは、わたし自身の医療従事者としての原点が、一般病院での看護実習で、そこで末期ガン患者さんのお世話と、別の老衰でなくなった方の死後の処置をお手伝いしたことだった、というのが大きいのかもしれません。あんまり、病気と闘って、勝つ、というノリが、自分の中にないのは感じています。

現代医学の最先端を集めた集中治療室の治療でも、遠目に見れば、「おまじない」だったりします。(それをぼそっと教えてくれた先輩医師の慧眼には感服しています)本人と家族が納得できるための時間を稼ぐための医療だったり。

現代医学の粋を集めた「おまじない」に、本物のおまじないを持ち込んだりして。そこまですると、かの先輩医師には怒られるのかもしれませんが。

痛み止めとかいろいろ処方して、まだ痛みが少し残る患者さんとそのご家族に、手を当てる/当ててあげるというのもいいんですよ、と、最近は声をかけるようにしています。おまじないみたいですし、医者がこんなこと、言っちゃいけないんですけどね、って。

まず副作用はありませんから、試してください、と。空気がいまいちだな、と思うと、部屋を浄化したりも、しています。まだ、自分の家を片づける気力は、出てこないのですが。

医療従事者じゃなくても、自分の痛いところ、しんどいところにも使えますし、場の浄化もできますし、身近な人に「手当て」することもできます。薬も、すぐ効いておすすめなのですけれど、そんな感じのセルフケアも、流行ってくれてぜんぜんかまわないなあ、なんて、医者としても、思います。それだけ、では、少し危険かもしれませんが。まあ、自分でやらないにしても、受けるだけでも。わたしはまだまだ未熟者ですので、ぜひかおるさんに、直接。

それでは、また。カウンセリングについては、思うところがありすぎるので、もう少し気力体力が充実しているときに、書かせていただきます。
北海道 Nさん 30歳 医師 
posted by Sura's moon at 01:07| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

「MAMMY I LOVE YOU!」

先日は、心に染みいる暖かいお返事、本当に嬉しく読ませてい
ただきました。
私、かわりましたよ。かおるさんに言われた通り、自分を大切
にするようになりました。そりゃもう、いやみなくらい。
そして、友達にメールを送る時は必ず最後に「今日も一日お疲
れさまでした」と書き、みなに、ど、どした?と気味悪がられ
ております。
かおるさんのメールに書き添えられていたのが、とても嬉しか
ったもので。
かおるさんの写真、なかなかチャーミングですね。
暖かさと意思の強さがはっきりと出ています。
ビキニをまとったゴリラの写真も、ある意味かおるさんらしく
て好きでした。
看護師さんを辞められるとのこと、考えた末、楽ではない方を
選ばれたことなのでしょう。
看護師さんと言えば、私には忘れられない事があります。
数年前、私の住むシンガポールでSARSという新型肺炎が蔓
延した時のことです。
清潔さを誇るこの国で、毎日、空気感染により人が死んでいく
のです。
学校は休みになり、私たち一般人も外出を控えるようになりま
した。
日本の家族や友人たちには『当分帰ってこないでね』と言われ
、出張でシンガポールへ行った人は、帰国後1週間は出勤禁止
令が出たそうです。
政府の病院に患者が収容されていましたが、その病院の界隈は
ゴーストタウンになってしまいました。
そんな中、医者や看護師さんはマスクをつけ、万全を期して治
療にあたっていたのですが、感染は避けられませんでした。
その時期に見た新聞の写真は、今思い出しても涙がでてきます

感染してしまった看護師さんを、ガラスを通してしか見舞えな
い家族。
酸素マスクをつけ、弱々しく手を伸ばそうとする看護師さん。
幼稚園児と小学生の子供が、ガラス越しに「MAMMY I 
LOVE YOU!」と書いた紙をお母さんに見せるのです。
自分を必要とする幼い子がいるのに、感染する可能性があるの
に、それでも何の迷いもなく仕事を続けたというその看護師さ
んは、結局亡くなってしまいました。
(その時期に辞表を出した看護師さんも大勢いました)。
かおるさんも、いったん決めたら肝が据わるタイプだとお察し
しますが、どんな時でも必ず生きのびてください。

かおるさんの日々の健闘ぶりをいつも頼もしく拝見しています

今日も一日お疲れさまでした。
Y・Gさん 何歳だったかな シンガポール
posted by Sura's moon at 05:08| 能力向上/メンタルトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

カウンセリング+レイキ

ありがとうございました〜!
レイキも本当に気持ちよくて、
ああ〜、癒されてる、、元気になってきてる、、と、
至福の時間でした。

セッション中はピンとこなかったのですが、
腰って私かも〜!
なんて帰りの電車の中で、思い出しました。
ここ2,3日、PCに向かっての打ち込み作業で
椅子からお尻を離して立つたびに
腰がボキボキいってたのです〜 爆。

それから、レイキをうけた後のほうが、
うける前より、
かおるさんのことばがすんなり心に入ってきて、、
なんていうか、、
不思議だなぁ〜、、
癒されたからかなぁ〜、、なんて思いました。
受ける前は、頭で昔のことを分かりやすく
説明しようと、なんか頭が忙しくなっちゃてた
みたいで、あんまりひとつひとつの気持ちを
味わえてなかったみたい。。
伝えたいことも沢山あったから仕方ないのだけど、
ちょっともったいなかったような。。

それから全然話はずれるのですけど、、
最近、毎日楽しいのですけど、忙しくしすぎて
お部屋の片付けしてなかったりで、焦っていたというか
ストレスたまっていたのだなぁ、、なんて、
レイキを受けたり、忙しくかおるさんにいっぱい
話そうとしていて気がつきました。
明日はお部屋の掃除をしようとおもいます、、爆。
私、これしないとストレスたまるくせに、
変に締め切りとかもあるわけじゃないから、
つい後回しにしてしまってストレスたまるまで
ほっといちゃったりついなってしまってたのですよね 汗。

次は、レイキを受けてからカウンセリングに
してもらおうかしら(^^♪

「〜ねばならない」探しておきます!
「怒ってはならない」
「他人に怒りをぶつけてはならない」
「人に文句をいってはいけない」
とか「怒り」とか「許すこと」とか「受け入れる事」って
キーワードが、自分でもよくわからないのになんだか
出始めて、少し頭がぐるぐるしてます。。
ほかにも面白い文献あったら、どんどん
教えてください!前回のもすっごく楽しかったです。
あれが「ダメだし」メッセージだったとは。。
K・Mさん 26歳 東京都 会社員
posted by Sura's moon at 19:34| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネルギー保存

先日心療内科に行って来た。
そこでNoel(飼い猫でもあり私の家族でもあった)が死んでしまった事を話した。
ここの所、病院に行く度に
「Noelが。Noelが。」と言っていた事を先生は聴いていてくれたのだろう。

今の私にとって、Noelが居なくなってしまった事が
どれだけ寂しい事か、辛い事かを察知して下さった。

そしてお昼のお薬が一錠増えた。
が、これは頓服として出て、自分でもうきつくて仕方がない!
という時に自分で調節しながら飲めば良いとのこと。

そしてその夜、私は急激に不安感に襲われた。
自分が弱っている時には簡単に少しの事で不安感に陥るものだ。

そして久し振りに震えた。
そして直ぐにカウンセリングの先生に電話をした。
運良く、先生と繋がり、今日あったこと。昨日あったこと。等
たくさん話していたら、ゴロッと不安の原因が出て来た。

心療内科の先生以上にカウンセリングの先生には
Noelの事や色々な話をしているので
簡単に自分の心の中を私自身でも見つめる事が出来る状態になっていた。

もっともっと、自分を休ませてあげようと言う結果になった。

そうだ。まだまだ無理しなくても良いんだ。
まだまだ辛くて当たり前だった。先生、ありがとう。

そして落ちついた私は、今とっても自分を大切にしている。
ゆっくり、たっぷり眠っている。

こうして自分を大切に出来る事は非常に幸せなこと。
先生達に恵まれ、夫にも恵まれ、
ゆっくり休む事が出来る状態にさせてもらっていて。

この状況に甘えて、たっぷり休もうと思う。

いつかの為のエネルギー保存。
京都府 I・Jさん 32歳 主婦
posted by Sura's moon at 19:00| 不安障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

私の一歩

自分を知ることによって、相手の事も知ることができる。
今回はつくづくそんなことを感じました。

自分が知っている自分と相手が知っている自分は違う。
この世界は自分だけじゃない。殻に閉じこもっていては駄目。

世界を広げるためにも殻を抜け出すことは必要だと今は思えます。(そして、少しづつ行動に移しています。)

カウンセリングを始めて分かったことの一つですが、自分のことは自分が一番知っていると思いがちだけど、実は知らないことの方がずっと多かったのです。

これまでは言いたいことを相手に伝えることはとても難しく、相手から見た自分の印象や状況や雰囲気によって同じ言葉や会話でも違う意味に取られてしまうことがとても多くて困っていました。それはそれは苦しかったです。(苦しいということすら気が付いていなかった私。)

そういうことを察知して考えて対応することが出来たら誤解を生まずに済むのになあと思って月に一度のカウンセリングを受け始めて半年が経ったのですが、今の私は、自信を持って「私は私だ。」と思える私に生まれ変わろうとしています。

少しややこしいのですが、そして、それは人から見たら凄く遅い歩みだと思われるかも知れないけれど、今の私は、いつの日も「私は私だ。」と自信を持って言えるようになりたい!と感じて来た自分自身を見つけたのです。

これは私の貴重な一歩です。
東京都 MEさん 40歳 看護師
posted by Sura's moon at 22:07| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

私の中の私 そのメッセージ

気がつくといつも自己嫌悪になっていました。



人を信じたいけど信じられない、愛されたいし愛したいけど、

うまくいかなくてまた自己嫌悪。

いろんなことが怖くなり、不安になり、食べるのをやめたり

自分の気持ちと沿わない恋愛を繰り返したり。

好きで選んだはずの仕事でも、ミスが怖くなり、クレームに怯え、確認の強迫観念に
苦しみ

私はなんでこうなんだろう?

もう、嫌だ、と思っていました。



でも、どこかで何とかしたかった。

自分を大事に、人を大事にできるようになりたいという思いは

ずーっとありました。

そして、表立っては問題がないけれど、でもどこか母との関係に

ひっかかりを感じていました。それと何か関係があるんじゃないか?と。

そこで、かおるさんのカウンセリングを受けることにしました。

そこで、小さな私に会いました。



記憶や思い出じゃなくて、小さい私が今、ひざの辺りにしがみついて

私を見上げているような感覚でした。

「あのね、話したいの」と言われている感じ、一生懸命な感じが

わかったとき、とても不思議なのですが「かわいいなぁ」と、涙が出ました。

ずーっと私の中にいて、いろいろな出来事にぶつかりながらも必死で生きようとして
きた子。

その子からのサインが、今までつらいと思っていた症状だったり、気持ちだったり。

自分のことなのに、思うようにコントロールできないというのも、この子が一生懸命

サインを受け取ってもらいたがっていたからだということもわかりました。

それから、ほんとうに小さな一歩一歩ですが、その子と歩き出したところです。

かおるさんに手伝ってもらいながら、話を聴いたり、楽しんだり。



自分を大切にすることが必要だとは思っていたけれど、いろいろやってみたけれど、

結局どういうことなのか、求めていながらずっと答えが出なかった。

どうして母との関係にひっかかりを感じていたのかもわからなかった。

でも、かおるさんと小さい私が教えてくれはじめています。



最近母と会った時、これまでもあったような場面や、何気ない会話なのに

なぜかとっても胸が詰まり、泣きたくなるような思いでいっぱいになりました。

今までこんな思いはしたことがなかった。嬉しいと思いました。

自分の本当の思いをそのまま感じていい、認めていいってOKを出し始めたら

相手からの思いも素直に感じることができるんだなぁって思いました。

そして、母だけでなく、友人や大切な周りの人たちからもらった大切な気持ちも

少しずつ感じられるようになってきているのも嬉しいです。

こうやって人を大事に、自分を大事にしていけるのかな?とも思い始めています。

まだまだ道の途中だし、小さな私とも手をつなぎはじめたところだけど

そのうちぎゅーっと抱っこしてあげられるように、一歩一歩歩いていこうと思ってい
ます。
北海道 KKさん 28歳 学生
posted by Sura's moon at 00:48| インナーチャイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

自分を知る

私はかおるさんと出会う前は、毎日何となく生きているという感じ
でした。
もちろん楽しい事もあったし、普通に生活していたのです。
だけど、ふと気付くと寂しくて、何故生きているのか意味が分から
なくて
子供を心から可愛がる事が出来なくて
辛い事があっても何故そんなに辛いのかも分からなくて。
とにかく分からない事や悲しい事や腹が立つ事が沢山あって、
私の周りを灰色の雲が覆っていました。
でもそれが何故なのかどうしても分からなくて。
周りは私の事を「幸せそうだね」と勝手に想像して言うけれど
私自身はもういつ死んでもいいというぐらい。
それをいつも必死に隠していました。

だけどかおるさんと出会って。
色んな新しい事が私の中に入ってきて。
でもそれでもやっぱり自分の底にあるものは何か分からず
ただ同じ事を繰り返しては落ち込む日々。
病院に行こうかと思った時も何度もあったけれど
時間的に無理な事と、医者に対する不信感と、何から話始めればい
いのか分からない不安と面倒さがあって。
そんな時カウンセリングのお誘いがあって。
カウンセリングを勧められた時は、ちょっと迷いました。
だけど、かおるさんになら。。。と始める事を決意して。

私のような考え方をする人間はダメな人間だと思ってました。
誰が悪いのでもなく全て自分が悪いのだと。
だけど、自分ではどうしようも出来なかった幼い頃の私を発見して

そこで一気に視界が開けたような感じがしました。
そうだったのかと。

自分を知るというのは素晴らしい事だと思いました。
自分の行動を理解しているつもりだったけど
まだまだ本当の自分は探せてませんでした。
かおるさんの包み込むような優しさと、信頼、安心感がなければ続
かなかったと思います。
自分を大事に出来なくて、周りの人も傷つけて。
根拠の無い考えで自分を苦しめて。

カウンセリングで得たものは、本当に大きかったのです。
まだまだ自分と向き合う時間は大事だしもっと必要だと思います。
自分に対する課題も沢山。
だけどこれからも、少しづつ自分なりに進めたらと思います。
本当に本当にありがとう。
福井県 TJさん 主婦
posted by Sura's moon at 22:07| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

レイキヒーリング

まずレイキを受けたそのときのことから。
 かおるさんの手が触れたときから、掌が熱をもち火照り始めました。
 そして、いろんな風景(今まで平安をかんじた場所など)がつぎつぎと浮かびまし
た。そして人の顔や名前が次々浮かんできました。雑念も少し。
 そのあいだ、体の力が抜けていったせいか、体の中心が地中にしずんでゆくよう
な、ぐらぐらした感じもありました。
 そして涙を流していました。
 
 レイキを受けた後、なんだか体が重くてだるさがあったのです。気持ち面でも弱さが出て
パワーが無くて。
 帰るまでの電車では熟睡し、家についても居間で横たわって過ごしてました。
 そのころから、体の新陳代謝がよくなり、汗がでて、腸が動いていました。掌の火
照りは変らず続いていました。
 
 次の日にあたる昨日、変化に気付きました。
 アロママッサージに行ったとき「いつもに比べて体にむくみがない。細くなってい
るし、凝りも少ない。体が楽でしょ?何かありました?」といわれました。さらに
「今日は『こんばんわ』って入ってらしたときから何かすがすがしい感じでしたね」
ともいわれました。
 いわれて気付けば、気持ちが静かに前向きで、体も軽いのです。「今日はマッサー
ジの効きが弱いな〜」と感じたのは凝りが取れていたのですね。

 手の火照りは今までずっと続いています。今は足の平も熱があります。気持ちも落
ち着いています。
 夫は「手が暖かくて気持ちいい」といってるので、「気持ちがよくていいことなら
どんどんしよう!」と体中ぺたぺた掌をあてています(^^)
 もちろん自分にも。

 自分は五感以外はにぶいです。だからといって、非科学を否定はしませんが、確信
は持てないのです。
 でもこの掌の熱は何か違います。信用しているかおるさんがいいと思うことだか
ら、と施術していただいたのですが、受けてよかったと思っています。
 
 また気付いたことがあればメールしますね。
東京都 FNさん 33歳 会社員
posted by Sura's moon at 22:42| レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

魔法の伝授

私はずっと自分で、苦しいなぁと思う日々が続いていた。
そのくせに、苦しいなんて思っちゃいけないとか、これくらいは当然だとか思おうとしていた。

嫌だって思うことなのに、“こんなこと、もっと辛いこと我慢している人いっぱいいるんだし、思っちゃいけない”とか。

自分がものすごく傷ついても、“もしかして、私が何かしたから、されても当然なのかも”とか。

自分が悪い、自分が悪い、自分が悪い。

そうやって、ものすごーく卑屈に自虐的になっていた。それで、結果的に、自分で自分をどんどん追い込んでいた。まわりは分かってくれない。私が笑顔で過ごしているからって、ちっとも分かってくれない。本当は私はこんなに苦しいのに。

もうどうやってもこうやっても、私の歩く先に道が続いているとは思えないところまできた時に、ひとこと、かおるさんから戴いた。

“自分で自分をかわいそうだとおもってあげなかったら、誰がかわいそうだと思ってあげるの?自分で自分のことは一番良くわかっているでしょう?その自分が自分のキモチを否定しているのに、誰も気がつくことはできないよ”

そうだよな。自分で自分のキモチを否定していた。そのとおりだった。まず一歩は、自分でそのとき湧いた感情を、“今はこう思っている”と受け止めてあげる。

頭も心も同じ一つの個体に宿っているのに、感じることと考えることが違う。人は理想を求めて生きていくから、そういう不一致はありえると思う。自分は本当は嫌だけど、全体で考えたら、こうあるべき、とか。そういうことは、心で嫌々ーって思いながら、頭では良い事だって思おうとしている。そういう不一致って、ものすごーーーーーーーーーーーーーーくつらいのだ。私は身をもって経験したから、声を大にして言える。

自分が感じたどんなネガティブなキモチも、そのままをまず受け入れる。それがまず一歩。
それは自分を甘やかすことじゃない。自分をまず自分で理解してあげたうえで、その先のことを考える。

私はその“受け止め”を教えてもらって、自分の中のもやもやが、あるものははっきりとした形になって、あるものは消えたりした。そうやって、悩みの本質を自分で理解できた。(つもりでいるの。)

カウンセリングってきくと、たぶん良い印象は無いと思う。日本では認知度が低いし、たぶんネガティブなイメージだと思う。私もそうだった。

欧米では、カウンセラーとは医者と違った位置づけて、きちんとポジションを得ている。例えば保険に入ったりすると、ホームドクターと同じくしてカウンセラーも自分で選んだりというところもあるそうだ。海外ドラマのAlly My Loveでも、主人公のアリーがカウンセラーに話しにいくシーンが良くある。日本ももっと、みんながうまくカウンセリングを活用できるようになると、精神的に本当にまいってしまう前に救われる人が増えるのではないかなぁと思う。

もし、いつか、すごく悩んでしまってどうしようもなくなってしまったり、自分で自分を追い込んでしまったりしたら、騙されたと思ってもいいからカウンセリングを受けてみるといいと思う。うまく説明できないけれど、本当に嘘みたいにココロが軽くなるのだ。悩みをシェアしてくれるからじゃない。自分で自分のキモチに気付き、理解し、打開案を考える、その手助けをしてくれるのだ。丸投げするわけじゃない。だから、いい。悩んでしまったことから、忘れるって言う手段で逃げるのも一つ。でも、きっとそれは対峙してあげないと、いつかまたにゅるっって顔を出してきっと自分を苦しめる。ハリーポッターの鏡(あの、苦手なものが出てきて、それを魔法で恐くないものに変える授業ででてきたやつ。名前知らなくてごめんなさい^^;)のなかの恐いものを魔法で変えるように、カウンセリングをうけると、きっと恐いものが恐くなくなる自分だけの魔法を自分で見つけることが出来るようになると思う。
広島県 MMさん 会社員
posted by Sura's moon at 19:29| 能力向上/メンタルトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

らっきょうで幸せ

日々の中でほんの些細な事で幸せが見つかった瞬間。

最近血液がサラサラになると聞いて
らっきょうを1日3つ食べるようにしている。

で、いつもはタッパに入ったらっきょうと小さなスプーンを
持って来るのだけど、昨晩はスプーンをキッチンから持ってくるのを忘れた。

で、手に届く範囲の爪楊枝を使う事に。

夫が先に爪楊枝で3つ食べた。
その後私が爪楊枝で刺そうとするとらっきょうが逃げてしまう。

そこで夫が横向きでは刺さらないから
縦でね!しかも頭の方からじゃないと無理だよ。と自慢げに言う。

先端目掛けて刺そうとするのだけど
これがなかなか難しい。

「まるで金魚すくい並みの難しさだね〜」
なーんて言いながら悪戦苦闘の末に3つゲット出来た。
なんだか勝った気満々♪

スプーンを取りに行く方が簡単な話なのだけど
取りに行かなかった分楽しむ事が出来た。

そして些細な会話に幸せを感じられた。

自慢じゃないけど主人のお給料は少ない。
しかも私は働いていない。
高級ブランドの洋服も鞄も靴も買う事は到底無理な話。

けれど、夫がそこにいてくれているだけで幸せ♪
らっきょうがあるだけで幸せ♪

高級ブランドで身を固めていた頃よりずっと幸せ。

やっとどこに幸せがあるのか見つめられる様になった。
それが何よりの幸せ♪

京都府 Jさん 32歳 主婦
posted by Sura's moon at 01:34| 恋愛 / 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。